コンパクトが激安~!

電気工事士に依頼し安定器の取り外す工事が必要との事。『世界初工事不要』『交換するだけ』『高い工事費を払う必要ありません』と記載しているにもかかわらず、結局工事しないとキチンと点灯しませんでした。要はLED電球に変更するには!壊れていない安定器を交換しないとキチンと点灯しないという事なんだな…と理解しました。

こ、これですっ♪

2017年10月04日 ランキング上位商品↑

コンパクト工事不要 交換するだけ! LEDコンパクト蛍光灯 GX10q 5W 500Lm

詳しくはこちら b y 楽 天

省エネなのに、とても明るい。その事をこの業者に伝えると!安定器が壊れている可能性があるとの事。当方の環境はFDL18EX−Lを現在使用していて!何ら問題なく点灯しております。交換後、明るさなど使用感は全く問題ありません。門灯はナショナル製で!中をのぞき込むと安定器が見えましたが!取り外しは素人では無理なので!この商品を見つけ購入しました。電気の知識が無いと!電球からLEDに交換するのにお金がかかる事を思い知らされたいい経験でした。。大変良いです。商品は何ら問題ありません。安定器を外さなくても使えるのはありがたいですが、なぜそのまま使えるかの理由が分からず、心配しましたが古い蛍光灯を外し、この商品をはめ込むだけでなんの問題なく点灯しています。なんだか面倒になり!TOPさんに『工事の必要が無いという事なので購入したのに工事が必要なら返品したい』と申し出たところ!商品に問題が無いのであれば返品は不可能と回答されました。この事をTOPさんに伝えると『意味不明』と返されました…通常の電球の場合には安定器の交換は不必要。元の蛍光灯より幅広いので、安定器に接触する部分がありますので、門灯の内寸によっては、取り付け出来ない場合もあるかも知れません。ただ、取付には電気工事が必要でした。当方の取付側の安定器が壊れているために!バイパス工事をしないと正常点灯しないとのTOPさんからの回答です。もちろん肉眼で気になるチラつきもありません。工事は不要じゃなかった?と思いつつ!工事業者に来てもらい見て頂いたら『安定器は壊れていない』『その証拠に通常の電球は点灯するでしょ!』との事。ただ!その器具側に!このLEDを取り付けると点灯ではなく点滅します。自宅の門灯を夜中中点灯していますが!そろそろ15年近く蛍光灯を交換していなかったのでLED化を検討しました。私にとっては!『工事必要』『交換するには安定器の取り外し必要』と説明文とはまったくの真逆の商品でがっかりでした。『ただLED電球に変更した場合!この安定器の新品からの若干の劣化が原因(不確定だが)で点滅しているのでしょうね』との事でした。LEDの電球交換の場合には、より電流を安定させるために安定器を交換した方がよいでしょう…との電気工事の方の回答。その工事内容は『LEDが点滅するのであれば!おそらく安定器が壊れているだろう』との事。